男性

脳梗塞の予防や改善を食事でしよう|高血圧にならない食事をする

食事による改善方法

食器

食事は私達の体を作る大切なものです。病気になってしまった場合はそれに合う食事を考えましょう。腎臓病の場合は腎臓に負担をかけないための食事が大切です。食事療法をする場合は工夫をすることで美味しく食べることができるでしょう。

食事で予防・改善

和食

脳梗塞を予防、改善するのに必要不可欠なのが、食生活の改善です。どのような食事を積極的に摂取すればよいのか、またどのような食事を避ければよいのかを知っておきましょう。血中のコレステロールが高まるような、高コレステロールの食品は出来るだけ避けると良いでしょう。お肉に含まれている脂身や、揚げ物、バターが入った食事などは避けるようにしましょう。お肉を食べる時は脂身を避けて赤身を食べるようにしたり、油で炒めるのではなく茹でたり蒸したりする調理法にするなどの工夫をしましょう。血液をサラサラにする効果が期待できる納豆や玉ねぎなどを日頃から食卓に加えると、脳梗塞の予防に繋がります。青魚に含まれているDHAやEPAといったオメガ3脂肪酸も脳梗塞予防に効果的です。オメガ3脂肪酸を含む食品は、ココナッツオイルやクルミなど様々あるので、食生活に組み込みやすいものを見つけて摂り入れましょう。塩分の多い食事は高血圧を招くので、脳梗塞の発症リスクを高めます。高血圧になると血管に常に負荷がかかってしまうので、他の病気にも繋がってしまいます。脳梗塞やその他の病気を予防するためにも、塩分の多いファーストフードやジャンクフードを出来るだけ避けるようにしましょう。調理の際も味付けに使う塩を出来るだけ減らすようにしましょう。塩を減らす事によって、味気ない食事になることもあります。酢や香辛料などを駆使して、食べごたえのある味に仕上げましょう。動脈硬化を防ぐ食品を摂取することで、脳梗塞のリスクを下げることができます。体内の活性酸素は動脈硬化を促進します。抗酸化作用の高い、ポリフェノールやタロチン、ビタミンC・Eなどを積極的に摂取しましょう。その他にも、脳梗塞予防に効果的な食品は様々あります。毎日のメニューを工夫して、楽しみながら脳梗塞予防や改善を続けていきましょう。

体への負担を軽減

男の人

病気や疾患などを治療する為に薬を飲んでいるという人は全国に多くいることでしょう。しかし、薬は体への普段があるのも事実です。体への負担を避けつつ、副作用なども回避したい場合は食を利用する栄養療法が効果的です。

美味しい食事をお届け

食事

自分で料理を作ることが難しい一人暮らしのお年寄りなどに人気を集めているサービスがあります。それが健康宅配です。栄養バランスだけでなく、味も美味しくて、種類も豊富なのがメリットとなっています。